家具運送

引越し 家具 運送

 

引越し 家具 運搬

 

引越し 家具 運ぶ

 

引越し 家具 輸送

 

引越し 家具 郵送

 

引越し 家具 配送

 

引越し 家具 見積もり

 

家具の引越し、どこが1番安いのか迷いますね。
費用を安くしたいなら、いくつかの業者から見積もりを取って比較してみないとわかりません。

 

宅配業者や郵便局では、送ることができる荷物の大きさに限界があります。
家具を運ぶことができる宅配業者は、大手の数社しかありません。

 

だから家具を運ぶなら、競争相手の多い引越し業者がおすすめです。
引越し業者なら一括見積もりもありますので、簡単に相場や最安値がわかりますよ。

 

大型家具 引越し 比べる

 

しかし、安い業者やサービスの良い業者はどんどん予約が埋まります。
引越ししたい人は、土日祝日・月末・午前中・大安などに集中します。

 

新居が決まったら、早めに見積もりを取って業者を決めてくださいね。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

家具の運送費用を安くする方法

 

家具運送安く

 

引越し業者に支払う費用、少しでも安くならないかな・・・。
そう思いませんか? 
引越しの費用が安くなる条件は「他の人があまりやらない日にちや時間を狙う」ということです。

 

引越し業者は3〜4月の繁忙期には、ネコの手も借りたいくらい忙しくこの時期はどこも費用が高いです。
引越しの件数がそもそも他の月に比べて多いため、スタッフを増員して対応にあたるからです。

 

さらに土日祝日の午前中、大安などは仕事が休みで引越しをしたい人が多いため、引越し料金もやや高めに設定されています。
家具の配送にしても、引越し業者が忙しくない日を狙わなければ安くはなりません。

 

ですから通常期の平日の午後、もしくは時間を指定しないフリー便、仏滅の日などはあまり人気のない日なので値引きされやすくなっています。

 

もし荷物を運ぶのを手伝ってくれる友人知人がいるのであれば、トラックと運転手だけを手配するチャーター便もオススメです。

 

さらに費用が高額になりがちな長距離の運送を希望なら、混載便があります。
同じ方面に荷物を運びたい人と一緒に運んでもらうものなので、費用はかなり抑えられます。
ただ、手配が出来るまでにちょっと時間がかかる場合もありますから、急ぎのものは自分で運ぶようにしましょう。

 

このように引越し業者に支払う費用はちょっとした条件を満たせば、安くできるかもしれません。

 

 

引越しの通常期と繁忙期

 

家具運送相場

 

1年のうちで引越し件数は3〜4月が最も多く、この時期は繁忙期(オンシーズン)と呼ばれ、引越し料金が最も高い時期です。
通常期(オフシーズン)に比べると、費用に大きな差があります。

 

引越しが3〜4月に多いわけは、大学に入学する学生・就職した新社会人・人事異動で新年度から新天地へ行く会社員の移動がすべてこの時期に重なるからです。
引越し業者もスタッフを増員したり、1日に回る件数を増やすなど対策を講じるのですが、到底足りない状況です。
ですから繁忙期はどうしても通常期に比べて費用が高くなってしまうのです。

 

そんな繁忙期でも少しでも費用を安くしたいなら、早く新居を決めて引越し業者に見積もりを依頼することです。スピードが命です。
条件の良い引越し業者ほどどんどん予約が入り埋まりますので、引越し日ギリギリになるほど高い業者しか残っていない可能性があります。

 

繁忙期は引越しのことを先延ばしにせず、早めに準備することが重要なのです。

 

 

引越しと挨拶

 

引越し挨拶

 

引越ししたらご近所へ挨拶にいきましょう。
引越しの挨拶は、引越し当日か翌日に行くといいですね。
先延ばしにすると行くのが面倒くさくなったり、道や廊下でバッタリ会ってしまってタイミングを逃したりします。

 

手ぶらの方もいますが簡単な粗品を用意して、早めに行くのがおすすめです。
粗品は500円とか1000円くらいの日用品やお菓子がいいです。タオルや洗剤なども喜ばれると思います。

 

ではどこのお宅まで挨拶に行くのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に行くのが一般的です。
大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合は、そちらにもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家ですとマンションのような住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制で清掃を行っているところが多いです。
他にも地域のお祭りや清掃活動などもあります。
ですから自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しのルールなどを聞いておくと安心ですね。

 

 

引越しの手順

 

引っ越し手順

 

引越しにはいろいろな作業がありますが、おおまかな手順を知っておくとスムーズですので、ぜひ確認してください。

 

・新居を決めたら、引越し業者に見積もりを依頼します。
引越しは、新居の住所や物件の状況がわからないと正確な料金が決まりません。
エレベーターの有無、トラックが停められる場所、クレーンが必要かどうかなどは物件が決まらないとわからないことです。
新居が決まったらすぐに一括見積もりをして、条件が一番良い業者と契約しておきましょう。

 

・荷物を梱包したり、不用品の処分などを行います。
引越し日までに荷物を分別しながらすこしずつ梱包します。
不用品はゴミカレンダーで計画的に捨てておきましょう。
荷物が多いほどに引越し費用が高くなりますから、不用品があると無駄な料金も発生します。
いらないものは売る・あげる・捨てるなどの方法で断捨離しつつ、荷物を減らしましょう。

 

・市外への引越しなら役所に転出届を提出します。(2週間前〜)
市外へ引越しするなら役所に転出届を提出しましょう。
ついでに国民健康保険や年金の届けについても役所で聞いておきましょう。

 

・電気・ガス・水道・通信会社に引越しすることを連絡をして、詳細や精算方法などを確認しましょう。
電気やガス、水道などのインフラは、引越し日からは新居で使えるように手配しなければなりません。
精算については会社によって違うので、詳しく聞いておきましょう。

 

・郵便局に新居への郵便物転送手続きを行います。(届出から1年間有効)
新居に郵便物が届かないと困りますね。
郵便局に転送の手続きをしておくと1年間は新居に届くようにできますので、その間に知人に引越しの連絡をしましょう。

 

・引越し当日 家具の配置などを決めておきましょう。
引越しの当日は荷物の運搬は業者におまかせするとして、どこに何の家具を置くかなど指示が必要です。
前もって家具の配置、ダンボールの置き場所などを紙にかいて整理しておくと引越し当日は非常にスムーズです。

 

・市内引越しなら役所で転居届、市外引越しなら転入届を提出します。
同一市内なら転居届け、市外への引越しなら転居届けを提出します。
これで選挙ハガキや年金など役所からの郵便物が届きます。

 

・荷解きをします。
荷解きは急がなくてもいいですが、頻繁に使うものはダンボールに分かりやすく記載しておくと便利です。

 

・免許証・パスポート・保険・カード類などの住所変更手続きを行います。
役所関係以外でも、免許やパスポート、カード類、各保険などは住所変更の手続きが必要です。
免許証は身分証にもなりますので、早めに行いましょう。

 

いかがですか?手順は多いですが時期によってすこしずつという感じですね。
コツコツですが頑張ってください。

 

 

引越しの初期費用

 

引越し初期費用

 

引越しの時に一番費用がかかるのが物件の契約費用ではないかと思います。
しかしどういうものがかかっているのか分かりにくいですね。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用としては以下のようなものがあります。

 

敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などです。
ひとつずつ見てみましょう。

 

・敷金は退去の際に物件を最初の状態に戻す費用で、壁紙の張り替えや水回りの修理などに使われます。しかし綺麗に部屋を使っている場合は使わなかったお金は返金されるので、部屋は綺麗に使ってくださいね。
それと入居の際に、大きな傷やへこみなど気になる箇所は写真に撮っておきましょう。

 

・礼金は大家さんに支払われるもので昔からの慣習です。しかし最近では礼金なしの物件も増えています。

 

・家賃2〜3か月分は家賃を先払いしてもらうことで、社会問題となっている滞納のリスクが少ないと判断されるのではないかと思います。

 

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用です。
法的に〇〇円などという決まりが特にないので、会社によって金額が異なります。最近は仲介手数料無料の会社もあります。

 

・火災保険は集合住宅であれば必ず加入しなければなりません。
近所の人の失火でもらい火をした場合でも、火元の住民に賠償を求めることはできません。
もらい火でも自己責任となりますので、自分のために加入しましょう。

 

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。
以前は家賃滞納のリスクに備えて契約書に連帯保証人を記載するのが一般的でした。
ですが最近はいろいろな家庭の事情で連帯保証人を立てられない人も増えたため、身元保証会社にお金を払って利用することが増えました。
・カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかります。
しかしカギは家族分をスペアキーとして作る人が多いため、一体いくつ作られたのか大家さんにも管理会社も把握できていません。
自宅の場所を知っているかつカギを持っている他人がいるのはとても怖いと思いませんか?
防犯のことを考えても入居時に鍵は交換しましょう。

 

このようにいろいろな種類の費用がかかるのです。

 

 

訪問見積もりをオススメする理由

 

訪問見積もり

 

以前は引越しの見積もりといえば、営業の人が実際に家に来る訪問見積もりが主流でした。
今はもうやっていないのでしょうか?

 

いいえ、今でも訪問見積もりをしている人は多いです。
なぜならや「百聞は一見にしかず」で、見積もりの際に実際の物件や荷物を見ながらの見積もりは金額の見積もりが正確だからです。

 

例えば廊下が狭くてベランダからでないと運び出せない荷物があるとか、前の道が狭くてトラックが入れないとかそういう所も引越し料金を左右します。

 

今は一括見積もりが主流ですが、立ち合い見積もりをされる方もいます。
わざわざ誰かに来てもらうのは申し訳ないと思うかもしれませんが、引越し業者の営業さんの大事な仕事なので気にしなくて大丈夫です。

 

・強い営業の方に負けて契約してしまったけど、他のところのほうが良さそう。
・ダンボールを沢山置いていかれたので、契約するしかなさそう。

 

こういう心配があるかもしれませんね。

 

しかし引越し業者の契約にもクーリングオフが出来ますし、キャンセルも契約日の2日前までなら出来るはずです。
ダンボールも使わなければ返却することが出来ますから、気負う必要はありません。

 

やはり最後は「人」が決め手になりますから、強引に契約を結ばせる人ではなく、この人にお願いしたいなという営業さんを選んでくださいね。

 

 

 

 

 

 

ベッド配達 ベッド搬送